2014年02月28日

大阪のフリー雀荘のルールです♪(5)

というかあるに決まってんだろとしか思えません。



」とお申し出ください。


スルーか、あるいは鳴いてテンパイ、もしくは鳴いて打七mの三択です。



それに対面や上家は7萬ぐらいポロッと出そうな捨て牌をしてますから、
それをわざわざリーチして止められてしまうのはもったいないです」
iPadユーザーは、気軽にご参加くださいm(__)m
まわりの お客たちには 大うけ
高打点は強い(確信)

先月の半荘数と似てますが、かなり安全な部類。
パーワン切りの受け入れ
もちろんだが人としての礼儀も わきまえてらっしゃる
最近は麻雀の本を二冊買い、図書館で勉強している。


ユーロ円の売りでも利益を上げているように


※お一人様ごとに丁寧にご対応いたします。



私は3㎝以上のゴキブリを家で見たら割と落ち着いて打てるんですよね。

一度 彼女と 話す機会が あり 聞いてみた。


第5位これは買い!『麻雀魔神の読み(マイナビ麻雀BOOKS)』渋川難波(著)
過程はどうであれ最後に手の入ったもん勝ち。


確かにカチカチ音は効果が少なからずあると思いますw
段位戦では後々の事も考えた繊細な押し引きが重要なんですよ。
年明け、6日)12~22時となります。


せっかくの機会なので、番組関係者の方だけでは無く、
人(雀士限定)というくくり」で、
ビジネス書作家などにもご参加頂きました。


通し
入ると 聞こえてきたりするんです。


結果は、福地氏とのダブルゲストの日だったものの、大盛況。


妹「中途半端にトイトイも狙ってしまったため、
よくわからない2,000点のテンパイになってしまいました」
この放銃が致命的となりラス。

が、参考になりました。

平均線を中心に上下してるのがわかるだろう。



大阪の雀荘での日々




おすすめ記事




posted by fuyuneko at 12:32| Comment(0) | 雀荘 大阪 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。